Shizenjin Mura Wilderness Resort Rebranding

2023

Comprehensive rebranding for Shizenjin Mura Wilderness Resort in Akiruno-shi, Tokyo.

The redesign covered architectural and interior design of new lodging and lounge facilities, as well as a complete renewal of brand identity (including logo, website, uniforms,etc.), front of house operations and system, and social media presence.

The former campground was transformed into the Shizenjin Mura Wilderness Resort – featuring upgraded “Tiny House” cabins characterized by open glass doors and completely built from Tokyo-sourced lumber from the Tama region. The Tiny House buildings utilize different types of Tama lumber, tailored to their unique shape, while the interior walls showcase earthen, plaster, and cypress wood elements reflective of the area’s natural features.

The entrance lounge seamlessly connects old and new spaces, featuring irregularly shaped window frames that create a harmonious balance between a historical and natural ambiance. The cobblestone reception counter was handcrafted by the property staff and uses a large wood top inherited from the previous generation owner; embodying the resort’s concept of connecting people and nature through respect for nature’s enduring majesty.

東京都あきる野市深川渓谷にある「自然人村」のリブランディング。

このプロジェクトでは、建築、ブランドアイデンティティ(ロゴ、WEBサイト、ユニフォームデザイン等)、予約システム、宿泊オペレーションシステム、SNSマーケティングなど、施工と運営に関わる全てのデザインを行なった。

建築分野では、これまでキャンプ場として運営されていた施設を、新たな宿泊施設、オリジナル「タイニーハウス」キャビンのあるWildernessリゾートへと作り変えた。各タイニーハウスは玄関部分に全ガラス扉を採用して開放感を演出。外壁材、デッキ材、フローリングなどの木材部分には、全て東京都の「多摩産材」を使用。各棟の特徴を表すために、異なった種類の多摩産材を採用し、内壁には地域の特色を利用した土壁や漆喰壁、檜材などを用いた。

エントランスラウンジの設計では、もともとあった平屋空間を拡張することで新と旧を繋げ、窓枠部には直線的な形を避けた自然の形状を表現することで、豊かな自然と歴史を演出した。受付カウンターは地元の土木工が石積みを行い、天板材には先代から受け継ぐ一枚板を設置することで、コンセプトである自然の『荘厳性』と人の『縁』を具現化した。

クリエイティブディレクション:株式会社メズマリズム
アートディレクター:金城 優人
フォトグラファー:井上 秀兵

設計:和田 拓(株式会社メズマリズム)
施工:棟梁 青柳 英(工房木ままに)
田之倉 健一(ばんじ木工所)
左官工事:斉藤 功

https://shizenjin-mura.com/