TONE 1st Collection: TOKYO

2023
Contemporary Furniture  /  Design  /  Featured  /  Tokyo  /  Video

“TONE” is a contemporary furniture brand founded by Taku Wada, the Chief Designer of Mesmerism Inc.

The inaugural TOKYO Collection was inspired by the concrete jungle that is modern Tokyo.
Making abundant use of concrete, which has a profound presence in our urban landscape, the bold, heavy image of the material was incorporated into the furniture to create weighty, well-balanced pieces.

At the center of the collection, the “PLUMMING CHAIR” combines roughly textured concrete with luxurious oiled nubuck leather seats – a high contrast, elegant design.

The table and cabinet also feature juxtapositions of the sturdy concrete with high-quality wood, delicate tinted glass, and plush velvet. As a result, the pieces posses an organic shape and modern impression that enhance the beautiful wood grain and texture.

By utilizing construction materials for durability and solidity and combining them with other high-quality materials, the collection embodies a down-to-earth yet powerful presence.

TONEとはMesmerism Inc.のチーフデザイナー和田拓の作り出すコンテンポラリーファニチャーブランドである。

1stとなるTOKYOコレクションは、都会の重厚な雰囲気を織り交ぜつつ、モダンなデザインと堅牢なコンストラクションマテリアルを駆使して表現されている。東京のストリートでインスピレーションを受けた無垢の東京がテーマで設計されている。

コレクションの中心となる「PLUMMING CHAIR」は、頑丈なコンクリートと、高級感のあるオイルヌバックレザーの座面を組み合わせた、ハイコントラストでエレガントなデザインで空間全体に洗練された雰囲気を醸し出します。

テーブルとキャビネットも、シンプルかつ力強いデザインが特徴で、重厚なコンクリートと高品質な木材やデリケートなカラーガラス、豪華なベルベットを組み合わせている。その結果、有機的な形かつ、モダンな印象のこの商品は、美しい木目や質感を引き立てるデザインになっている。

全体的にコンストラクションマテリアルを駆使して耐久性と重厚さを追求し、モダンなデザインと高品質な素材が融合し、シンプルながらも力強い存在感を放つアイテムとなっている。

Production by Mesmerism Inc.

Product Design: Taku Wada
Craftsman: Kenichi Sato
Art Direction: Kohei Kanomata, Ryo Usami, Charlotte Chan
Floral arrangement: Tomonobu Iguchi 
Still Photography: Daiki Ueda
Retouching: Mitsutaka Goto
Videography: Yudai Maruyama
Graphic Design: Hana Fujibayashi

With love to: Takafumi Toyama, Masashi Fukunaga